満席の北京ダックランチ(避暑を目指して その15)

百盛(パークソン)の同仁堂の店員のおばさんも言っていましたが、北京へ来るなら4月5月、秋なら9月10月がいいとうのは言うまでもなく、7月21日(金)午前、北京の暑さは尋常ではありません。昨日はそこまで暑くありませんでした。

北京の復興門にある百盛から南方向へ歩いていましたが、蒸し暑くはないのですが、日射がきつくて、路地を歩いていますと、おじいさんやおばあさんが木陰の木の長椅子にすわっていたり、路地の角にある野菜や肉など売っている商店もあり、庶民の生活を垣間見ながら歩いていると、長椿街へ出る手前に、「果木[火考]鴨」という表示がありました。

果木烤鸭
果木烤鸭

聞いてみると、北京ダックを売りにしているようです。帰国後、WEBで確認したところ、北京に限らず店頭にこの文字がかかげている場合は、北京ダックをメインに売られているお店とのことでした。

一品居食府
一品居食府は住民が行き来する通りにあります。

果物の木で焼くのでしょうか。1セット48元(1匹)、半セット(半分)26元で、11時50分に出きるのでそれまで30分ほど、待つことにしました。それくらい暑くて、涼みたい気分です。百盛でも涼しくて、正直外へ出たくありませんでした。北京ダックが出てくるまでまだ時間があるのでメールしています。

生ビール(4元)のサーバーがあったのでダックが来る前に注文。
燕京瓶ビールと同じ値段でしたので、迷わず生。少し飲みましたが、はえがジョッキの端にとまっているのをみて、中を見たら、運悪く?小さなはえがいました。店員に事情を話したら、払い戻しか交換か選択できるようで、交換してもらうことにしました。

皿がのった生ビール
皿がのった生ビールです。このように出されたのは30年来初めてでした。

待っている間に2組のお客さんが入ってきました。ランチタイムは結構込むかと思われます。

一人で食べる地元住民
一人で食べる地元住民

店の名前は「一品居」です。西城区[人冬]麟閤路臨門50号。66078838。

12:10頃に来ました。
特にシェフが鴨の皮を切る実演はなく、鴨の形の皿に半匹分のダックと、皮、みそ、きゅうり、ねぎのせんぎりが
そろいました。期待どおりくらいの味はありましたので、久しぶりのダックに満足。30元で生ビールとダックが食べられれば文句ありません。はえがいなければ更に○です。見る限り、サービスが悪いわけでもなく、ホールが汚いという訳でもありません。

北京ダック半人前セット
北京ダック半人前セット。おひとりさまでも何とか食べきれる量です。

12時過ぎたらほぼ満席。若いグループや職場の同僚らしき人、家族づれ、おばあさん一人、いろんな客層です。
ダックを頼んだのは近くでは私一人。持ち帰りの方もいました。

贅沢に2枚巻いた北京ダック
贅沢に2枚巻いた北京ダック
生地を巻いて北京ダックを口に入れます
生地を巻いて北京ダックを口に入れます

ダックはさめたらまずいので、特に皮が。量はちょうど一人分で、ビールでも飲めば満足できる量です。涼しくて、おなかもふくれたので、午後の活動をそろそろはじめたいと思います。

中国旅行に関する質問や投稿、感想はこちらへどうぞ!