空港泊で快眠、一晩を快適に! ~上海浦東編~

中国国内線から乗り継ぎや早朝のフライトに乗るため、空港で一夜を快適に過ごす方法を作者の経験を交えながら解説します。ホテルに泊まるまでの時間がない場合や寝る時間を少しでも確保したい方、節約したい方にぴったりのヒント満載のトピックです。

空港に一夜を過ごすのが望ましいケース

空港で1泊する理由を考えますと次のケースがあるかと思います。

  • 翌朝、早い時間に空港から出発しなければならない
  • 到着時刻が遅くて、バスや地下鉄など地上交通手段の最終が終了した
  • 乗り継ぎをするが、中心部へ出る時間がもったいない
  • 費用を少しでも節約したい

何れも共通しますが、「動く必要がない」という大きなメリットがあります。往復交通費や宿泊費を支払って、遅く寝て早く起きるというのはナンセンスで、合理的に空港に滞在することも選択肢の一つと考えるのも理解のではないでしょうか。

空港泊が可能かどうか先に情報収集

中国の場合、地方の小さな空港は航空便数が少なくて、最終便が終わると建物自体を閉鎖するケースがありますのでそういった空港は対象外となります。

一方で、深夜までフライトがある大都市の空港は、深夜早朝に閉鎖しない24時間空港である場合がありますので、候補として挙げることが可能です。

具体的には、北京、上海、広州、深圳など、省都以上の大都市にある国際空港でしたら、朝まで滞在できる可能性が高いです。日本の場合は、空港泊ができるかどうかホームページに掲載されていますが、中国ではそのような情報は公式には提供していません。

中国語のWEBを検索すると中国人が実際に空港泊をした実績を見ることができます。そのためのキーワードは「空港名」と「过夜」(guòyè)です。一晩を過ごすという意味です。この単語をコピペして、百度検索を利用するなどご活用ください。

快適に過ごすためにあると便利なもの

空港泊のためにわざわざ荷物を増やすのは本末転倒です。あるものの中で工夫するというやり方を採るのがベターではないかと思います。

まくらの代わりになるもの、こちらはリュックなどかたくない荷物で代替えできます。自分もそう対応したのですが、高さがちょうど良くて、普通に眠ることができました。

あと、温度や空調といった寒さ対策ですが、冬用のハーフコートを持っていて、手持ちの服を被せるといったことで対処しました。

上海浦東国際空港泊を体験したプロセス

作者が経験したのは中国上海の浦東国際空港。2024年1月に国内線で夜11時に到着しました。翌朝8時台のフライトに乗り継ぐ必要がありまして、チェックイン開始時刻は5時半前でした。6時間を過ごすことができればOKでした。

乗り継ぎまで6時間しかないのに「宿泊を確保するのは面倒ですし、動きたくない。」ということで、深夜から早朝まで空港内でできる限り快適に滞在できる場所を探すためのチャレンジが始まりました。

事前情報収集

航空便は予約済みなので、スケジュール自体は前に確定していたため、事前に、情報量が日本語よりも多い中国語のWEBで情報収集をしました。

 スクリーンショットを見て分かりますように、動画や文章でたくさんの人が投稿しているのが分かるかと思います。

調べた結果、「国内線到着ロビーには出ずに、搭乗口近くに陣取るのが良い。」という声が多かったです。これはどういうことを意味するかですが、中国国内線では、到着と出発の動線は分けておらず、重複しているという背景があります。

到着ロビーに人がいないと出れないが・・・

WEBには快適に滞在できる国内線の具体的な搭乗口番号まで示されていたのですが、心配だったことがひとつありました。それは「早朝4時に到着ロビーへ出ることができるか」です。

中国の大きな都市にある空港は深夜1時、2時でも到着便が普通にあるのですが、どんなに大規模な空港であってもさすがに定時のフライトで4時5時到着はありません。数時間、到着便がない時間が生じるのです。

ということはどうなるかといいますと、到着するフライトがないので、係員が誰もいなくて、到着ロビーの自動ドアが閉まっていてそもそも外へ出れないことが想定されるのです。

万が一、いない場合は、探して開けてもらう必要はあります。これは可能だと思います。リスク軽減のため、できる限り、時間に余裕を持つことが大切です。

夜明かしすることができた!

実際のところですが、結局、杞憂にすぎず、到着ロビー出る前に一晩過ごすとができました。心配は不要でした。

降り立ったのはS2というサテライトビルの2階。搭乗口H179。このS2が何なのか最初は分かりませんでした。コロナ前の2019年9月に供用が開始された新しいサテライトで、明日搭乗するT2とは別の場所にできたものでした。

下の地図は中間部分のみですが、その上に当たる部分から真ん中へ向かいます。

浦東空港S2(サテライト)2階 案内図

浦東空港ですが、ターミナルビルがふたつ(T1・T2)、サテライトビル(S1・S2)がふたつあります。今回、国内線でS2に到着しまして、施設が新しく、人も少ないのでここで朝まで過ごそうかとも思いましたが、先へ進んだところ、フロアマップでサテライトビルの全貌を確認して、MRTでT2へ移動できることが分かりました。

上海浦東空港のターミナル構成図

係員がいて早朝に動いているかどうか分からないことから、S2から到着ロビーがあるT2まで移動することにしました。

ターミナルビルを歩いて自分の目で確認した結果、事前情報で得ていた場所とは異なりますがC62搭乗口近くで休むことにしました。過ごす場所としては広すぎるくらいで人がいないので、難なく充電できる場所を確保できました。

3時間半ほど過ごしました。トイレはなるべく行かないようにするため、飲み物は飲まずに横になりました。リュックをまくら代わりに、ショルダーは足にひっかけて、万が一の盗難に備えて、人がいなくてもセキュリティ、安全管理には気をつけていました。

4時前には起床しました。近くのトイレで身支度をして、いざ、国内線等竜ロビーへ。ターンテーブルがあるフロアに向かいます。

遅延のため1便だけ3時台に到着した便があった関係で預け荷物のターンテーブルが動いていて、1人出口に係員がいましたので、出口をすんなり通ることができました。

快適に空港泊をする条件

空港で1泊する際の立地的な条件についてそれぞれ具体的に解説します。

  1. 過ごす人が少ない
  2. 到着ロビーに近い
  3. 椅子に手すりがついていない
  4. トイレがすぐ近くにある
  5. 充電できるコンセントがある

最初の条件「過ごす人が少ない」は、快適に過ごすための必須条件です。人が多ければ、しゃべり声が聞こえたり、中国では当たり前なのですがスマートフォンの動画を再生している音声を聞こえたりして、快適な睡眠に影響します。できる限りグループ客がいない場所、個人客主体の場所を確保しましょう。

2番目の条件「到着ロビーに近い」ですが、到着ロビーに近いですが、上海浦東空港は拡張工事を実施して、サテライトビルがあります。そこから往復する列車があるのですが、到着動線としては片道しかなく戻れないことや係員がいて自由に行き来できないので、サテライトでの滞在は見送りました。

3番目の条件「椅子に手すりがついていない」は、見落としやすいポイントかもしれないのですが、空港が意図的に手すりをつけているケースが結構あるためです。

浦東空港T2”C62”搭乗口付近で一晩を明かす

写真を見ていただけると分かりますが、同じエリアでも奥の椅子は手すりがひとつひとつありますが、充電の電源がある場所は手すりがありません。4席あれば、大人であれば十分横になることができます。

4番目「トイレがすぐ近くにある」は、荷物の管理にも関係します。ちょっとだけ用を足しにトイレに行くのにいちいちリュックやキャスターケースを持っていくのは大変ですので、リスクは無くなりませんが、近いところに越したことはありません。

搭乗口近くのトイレ

朝、洗顔、歯みがきなど身支度するためにもトイレ内にある洗面所を活用できます。早朝で到着便がなく、誰もいない静かな状態ですので荷物の盗難もなくて安心です。

最後の条件「充電できるコンセントがある」ですが、皆さんスマートフォンを持っているかと思いますので、移動途中で充電できる電源があると翌朝からの活動が安心ですよね。大きな空港でも差ほど数は多くありません。一般的に、新しくできたターミナルビルであるほど数が多いのですが、そうでない場合は後で設置されるため、数は限られている傾向にあります。

条件をクリアする空港泊を実践した結果

上海浦東空港で自身が経験した例で解説します。

先ほど挙げた各条件を満たす場所を探すため、サテライトから到着ロビーのあるターミナルビルへ移動することにしました。出口から遠いのは乗継が遅れるリスクとなるからです。また、中国人からの投稿情報もは到着ロビー側だったことも幸いしました。

事前に情報収集した結果、到着ロビーを出た後の浦東空港内はどこも空港泊をする乗客でいっぱいで、椅子には手すりがあり寝転がることができないということでした。3番目の条件「椅子に手すりがついていない。」にひっかかりました。

横になれるかどうかは、疲労感に大きな差が出ます。到着エリア内で頭や身体、両足をフラットにして寝ていましたが、枕はリュック、足のせと防犯対策でショルダーを足に引っかけて寝ていました。そんな感じでも結構寝れるもので、3時間程は普通に休むことができました。

到着ロビーを出た後、午前4時頃、実際にT2の1階3階4階と見て回りましたが、椅子自体も少なく、人が一杯で快適に過ごすどころか、座れる場所の確保も難しい状況でした。

夜明け前の浦東空港出発ロビー(3階)

穴場として、国内線ファーストクラスチェックインカウンター前にあるソファー椅子です。そこにもちゃっかり荷物を横に置いて寝ている人がいました。

最後に

空港で快適に過ごせる場所は自分の足で動いて目で見て探すしかありません。到着ロビーへ出れるかどうかのリスクを抱えながらも国内線出口を出る前で滞在するのが快適に過ごす秘訣だという結論に達しました。

ちなみに、私は、中国では上海浦東や西安、日本では関西、中部で一夜を過ごしたことがあります。

投稿情報は生の情報だなと思いました。ただ、実際には自分の眼で確かめて判断しなければなりませんが、事前の情報を有していたお陰で体験をすることができました。

中国の空港によって、完成時期が異なるため、特に電源設置については、差があります。旅経験として挑戦したのですが、結果オーライで疲労も少なく翌日は普通に動くことができて、良い経験となりました。

中国旅行に関する質問や投稿、感想はこちらへどうぞ!