GPRS携帯を北京で購入(避暑を目指して その16)

昨日、百脳hui(朝陽区朝外大街丙)の建物の一角にある金飛鴻電訊でSonyEricssonのK510cを購入しました。

百脳hui
百脳huiという名の携帯電話や周辺機器、パソコン関係のショップが多数入っているビルです。

モトローラの機種でGPRSへの接続チャレンジが成功せず、別に電話専用で買おうかと思ったのですが、荷物が増えるためやめました。

この機種は最近出たばかりの最新機種でして、簡装版と精装版がありまして、後者はキャンペーンでBluetoothのヘッドセットがついているようで、2300元くらいの値段が書かれていて、ヘッドセット付とありました。前者でもつかないかと聞いたのですが、すでに終了していると言われました。

購入した理由は、
 その場でGPRS接続を試すことを快く受けてくれたこと、
 2人の店員が店内やプライベートでGPRSを使っていて話が早かったこと
 支払いにクレジットカードが使えたこと
 値段交渉にも応じてくれたこと
 対応がよかったこと
でしょうか。

専門店の中でも安い方でして、同機種が違う所では、1780元(忘れました)、1700元(国美)、1858元(中復)、1900元(百盛)などありましたが、ここは1680元。

一箇所、購入直前にたまたま入った百脳hui1階の携帯屋、金飛鴻電訊に一番近い所ですが、1599元で最安値。
カードが使えないので、これをネタに値段交渉を行いました。支払った値段はまかりませんでしたが、1700元で、携帯電話を使わなくても充電できるチャージャーと国産の予備電池をつけてもらいました。
予備電池は確か、純正で580元?、国産で180元と言っていましたが、実際後者は50元と伝票に書かれていました。チャージャーも50元、携帯電話は1600元とありました。

百脳huiビルの中
百脳huiビルの中なのですが、小さいブースのような周辺機器やパソコンパーツなどを売っているショップが並んでいます。

ついでに、モトローラのL6、L7の値段を調べました。
L7 賽特2080、中復1880、華堂1890、金飛鴻1750
L6 賽特1480、中復1290、華堂1280、金飛鴻1198
MPTが入っているCD-ROMは別(モトローラ服務中心30、金飛鴻180)

ここはVISA、MASTERといった外国のクレジットカードが使える数少ない携帯屋です。そごうや洋華堂、賽特などデパート内の携帯電話売り場でも使えますが、値段や品揃え、フォローなどの問題があります。

モトローラサービスセンター
モトローラ社がメンテナンスなどのサービスをするための権限を与えて設置されたサポートセンターです。

価格調査かたがた携帯の機種ごとの値段を調べました。今回、中国で携帯を買うことができて、インターネットをするための環境が整いました。

作者プロフィール

旅人@中国旅行一筋30年
旅人@中国旅行一筋30年ブログサイト「中国旅行ドットコム」運営者
1991年から30年間で70回以上の中国訪問を経験するベテラン旅行ブロガー、新型コロナウイルス後の中国旅行に対応した最新情報から、大都会の路地裏から田舎の町や村まで足を運ぶ、ツアーでは決して体験できない独自の旅行スタイルを持つ。

【旅の実績】 訪問した省・市・自治区:32(残1) 訪問地:200以上 印象に残る旅のエピソード:数え切れず

安宿に泊まり、長距離バスや夜行列車などのローカルな移動手段を使って、現地の人々と触れ合い、肌に感じる旅をして、リアルな中国渡航情報を発信中。

1日100元以内で旅をするなど、旅の費用を抑える工夫が得意。独自の旅のノウハウを有し、モバイル経験も長く、ANA陸マイラーでもある。

中国旅行に興味がある方や個人旅行を計画している方、中国のリアルな姿を知りたい方向けのブログサイト「中国旅行ドットコム」の運営者。

ブログをご覧になられた読者との交流も大切にしており、ほぼ毎日質問やお便りがきて、集まった情報をブログや動画に反映している。

中国旅行に関する質問や投稿、感想はこちらへどうぞ!