鴨緑江沿い農家レストランで川魚づくし(中朝国境を望む旅24)

12:20頃 鴨緑江へ徒歩へ歩きました。

30分も歩いていないと思いますが、川辺のレストランで、昼食。

鴨緑江沿いの農家レストラン

川辺のレストランはどこも鴨緑江の川魚を売りにしているのですが、私はあまり魚が好きではなかったため、たくさんは食べなかったのですが、川魚の煮物18元、川えびのからあげ10元、ビール1本5元を注文しました。

川えびの唐揚げ
川魚の煮物

鴨緑江もここまでくると長白に比べて川幅が広くなっていました。

その後、どこへ行くかという話になって、公共バスで好太へ行くことに。
最初、タクシーで行こうかという話でしたが、公共バスが通っていたのをみて、どこかでバスに乗れるはずだと思ったのです。

好太まで0.6元です。町外れで、そこから先はバスはないのですが、なぜそこへ来たかというと、好太王碑があり、同行者が行きたいという希望があったからです。先に、集安の博物館へ行くつもりでしたが、ちょうど改装中で中に入れませんでした。

好太王碑の関係でトラブルがあるのですが、それは次回ということで。

作者プロフィール

旅人@中国旅行一筋30年
旅人@中国旅行一筋30年ブログサイト「中国旅行ドットコム」運営者
1991年から30年間で70回以上の中国訪問を経験するベテラン旅行ブロガー、新型コロナウイルス後の中国旅行に対応した最新情報から、大都会の路地裏から田舎の町や村まで足を運ぶ、ツアーでは決して体験できない独自の旅行スタイルを持つ。

【旅の実績】 訪問した省・市・自治区:32(残1) 訪問地:200以上 印象に残る旅のエピソード:数え切れず

安宿に泊まり、長距離バスや夜行列車などのローカルな移動手段を使って、現地の人々と触れ合い、肌に感じる旅をして、リアルな中国渡航情報を発信中。

1日100元以内で旅をするなど、旅の費用を抑える工夫が得意。独自の旅のノウハウを有し、モバイル経験も長く、ANA陸マイラーでもある。

中国旅行に興味がある方や個人旅行を計画している方、中国のリアルな姿を知りたい方向けのブログサイト「中国旅行ドットコム」の運営者。

ブログをご覧になられた読者との交流も大切にしており、ほぼ毎日質問やお便りがきて、集まった情報をブログや動画に反映している。

中国旅行に関する質問や投稿、感想はこちらへどうぞ!