自動運転バスが中国の公道を普通に走る

旅行先で自動運転のバスに乗ることが中国で実現できるようになりました。

中国で初めて市民に自動運転バスの営業運転を開始したのは、2021年4月重慶市永州区。営業距離は10kmで3台が投入されました。2021年7月は河北省滄州、同年8月に上海で相次いで運行を始めました。

無錫市の経済開発区では通勤需要に対応するために予約制で小型自動運転バスの運行を始めました。また、広州市では6路線に50台投入を順次予定しているとのことです。

最近相次いで開通した自動運転バスの情報を参考としてお知らせします。

広東省広州市
没有驾驶员的公交车来了!广州科学城首条自动驾驶便民巴士线路开通(深圳商报官方帐号)
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1758494251757221573&wfr=spider&for=pc

2023年2月22日に報じられたもので、21日に「自动驾驶1线」という路線で開通。運行区間は「萝岗和苑」ほか8つのバス停間で、距離は11km、7時~22時運行、15分毎に1本と普通のバスと同様な運行です。

安徽省合肥市
安徽首条自动驾驶公交线路进入常态化运行(新华社图片新闻官方帐号)
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1758621096931813917&wfr=spider&for=pc

安徽省で最初の自動運転バス路線が合肥市包河区で定期運航を開始した。15km、バス停は6つ、スマホのミニアプリによる予約制。2023年2月23日のニュース。写真も数点ある。

今後もどんどんバスの自動運転が増えてきそうです。旅先で乗ることができるチャンスも増えるのではないでしょうか。

コメントを残す