地方から悲痛の声、中国旅行へのハードル高し

中国へ旅行や仕事で渡航する前にビザの取得が必須ですが、地方在住者は管轄のビザ申請センターや総領事館へ行くのが大変なため、中国への足が遠のいています。

地方在住者の声を代弁した新聞記事

ビザ申請の煩雑さが裏目に出て、地方在住者が非常に困っているという興味深い記事が2件ありました。

太麻煩!コロナ明けでも…日中往来こんなに大変 個人情報「丸裸」、収入要件も 「北海道新聞デジタル」(2023年8月9日配信)

富山―上海「誰が乗るの」8月再開控え県民利用に壁 ビザ申請「手間が大変」 富山新聞(2023/7/15配信)

ビザの申請 手間が大変(富山新聞)

地方都市からの中国渡航需要は伸び悩み

地方都市で中国との航空路線が開設された場合、研修など他の用務需要はあったとしても、観光といった日本からの訪中需要を取り込むことができない状況です。

団体旅行は解放されたものの、処理水問題で、中国からのインバウンド客は減少に転じており、そもそも航空路線が維持ができるのか、しばらくしたら休止にならないか、不安な一面があります。

2023年8月時点の話ですが、名古屋の中国ビザ申請センターの予約が1ヶ月後で、受領が1週間後ですので、40日かかっていました。10月下旬時点ではかなり改善がみられていますが。

申請と受領で2往復はきつい!

旅行代理店が機能しなければ、本人が申請とビザ受領のために名古屋を2度往復しなければならず、そこまでして観光で旅行をしたいのかという気持ちになっても仕方ありません。

このような手間は、短期の査証免除が復活するまで、終わりがありません。いつまで続くのでしょうか。受難の日々が続きます。

中国旅行に関する質問や投稿、感想はこちらへどうぞ!