短距離鈍行列車を体験

企画旅では、中国の人たちが普通にしていることを体験してもらうというコンセプトのもと、2019年9月の企画旅では、陝西省の西安空港を降り立ったあと、咸陽駅から隣町の西安駅までの短い鈍行列車旅をしました。

咸陽駅の建物は、いかにも中国の駅って感じのもので、前世紀からある昔ながらの駅舎です。入り口から待ち合い、乗車までそれを存分に体験できる所でした。

2019年9月 咸陽駅(陝西省)
咸陽駅は中国の昔からある典型的な駅舎です。

何十回も旅をすれば慣れてしまい何とも思いませんが、当たり前のことが当たり前でない参加者にとって、現地の人々が実際に待合室で待っている姿や持っている荷物、暗い売店など、印象に残ったのではないかと思います。

咸陽駅待合室入口
咸陽駅待合室入口ですが、西安近郊の大きな町ですが規模の割にはこじんまりしている駅入り口です。
咸陽駅の待合室案内
夜の暗い駅舎内での表示は明るく感じます。西安へ向かう鈍行、咸陽→西安 20:50発 7006次 無座に乗車です。

10分ほど待合室にいたくらいで、そう長くはありませんが、既に改札口が開いていたので、検札を受けて、ホームへ向かいます。

咸陽駅待合室
こちらも典型的な昔からある雰囲気の待合室です。
西安行き7006次改札
既にホームへの入場が可能な状態で、切符を提示して検札を受けます。

列車は既に到着しており、無座なので、どこの号車にのっても構わないので、適当な号車に乗車。

この列車は陝西省北部の《榆林》から来た鈍行列車です。省内の短距離列車といいましても、数百キロ先から半日以上かけてやってきた列車です。

西安行き鈍行列車
車内は夜中にもかかわらず余り明るくありません。西安まですぐです。

ほどなく列車は動き出しました。咸陽も大きな町で、走ってすぐに西安市街に入ってしまいます。城壁のライトアップが見えたら、終着の西安駅はもうすぐです。

車窓から見る西安市内
咸陽から西安はあっという間で、城壁や城楼が並行しています。

西安駅に到着したら、乗客は全員下車して、車内はもぬけの殻。参加者の皆さんもそんな乗客と一緒に流れにのって、出札口へ向かいました。

終着、西安駅
終点西安駅のホームです。乗客全員が出札口を目指します。

中国旅行に関する質問や投稿、感想はこちらへどうぞ!